厄年の不安を取り除こう

昔からの言い伝えだけどやっぱり気になるあなたへ

女性の人生の転機

厄年の女性というのはそれだけで大変なことですが、実際どのようなことが起こるのでしょうか。正確に分かっている方は少ないですよね。

女性の厄年は、10代から30代の間にほとんどが訪れるようになっています。現代でいえば、ちょうど結婚や妊娠や出産を迎え、人生の転機となるイベントを送っている人が多い頃にあたりますよね。大事な機関に訪れる為、不安を取り除くためにもしっかりと知っておくといいですよね。本厄は19歳、33歳、37歳になります。さらに前後1年ずつが厄年、後厄になり、警戒すべき時期となっています。

特に33歳の厄は大厄となっていて、もっともよくないことが起こるとされています。その後は、61歳になります。ただこれに関しては、地域や宗教の違いがあるそうです。自分や家族の誰かに健康被害があるとされています。そして、災難や不幸が続いてしまうとされているんですよね。ですので、結婚や家の新築や引越しや転職など何か新しいことを始めるには、不向きとされているのです。

そのため、新しいことを始めずに今までの生活をそのまま守り抜いていくことが好まれます。できることなら、早めに厄落としや厄払いを行った方がいいでしょう。やはり気持ちの問題にはなってくるのですが、気になってうけないよりは、受けてすっきりした気持ちで過ごす方がいいのではないでしょうか。そうすることにより、安心した毎日を過ごせるはずです。目に見えない世界の話ではありますが、昔の人たちの知恵は馬鹿にできません。安心の生活を祈願するためにも、厄払いは気にかけておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です